クリスマスツリーを良く見せるための飾り付け

クリスマスツリーをキレイに飾ろう

12月になるとクリスマスが訪れますね。クリスマスツリーを飾る家庭も多いと思います。そんなクリスマスツリーを効率的にキレイに飾り付けるコツを紹介したいと思います。
まずツリー本体を組み立てます。全部の枝葉をきっちりと広げると、大きく見え自然に生えている木のようにきれいに見えます。そして他の枝とのバランスを整えるように、枝の上下左右に間隔を空けると、枝葉が広げやすくキレイに仕上がります。
次は電飾を取り付けます。壊れている電飾が無いか確認したら、点灯させてツリーに巻いていきましょう。こうすることで全体のバランスを確認しながら飾り付けることができるので、キレイに仕上がります。次はオーナメントを飾り付けていきます。ツリーを見ながら大体のオーナメントを付ける位置を確認してから飾り付けると、スムーズに作業が捗ります。そしてツリーにツリースカートを履かせて完成です。
土台の足元を覆い隠し、中央に集めたライトの電線を隠すようにしてツリーの足元をキレイに飾ります。完成したら、少し離れた場所からバランスを確認し微調整します。ツリーの枝の向き、ライトの向き、オーナメントの位置を重点的に確認して調整したら完成となります。

クリスマスツリーを飾ろう

クリスマスが近づくと光輝くイルミネーションで活躍するツリーですが、飾り付けに使用する物は様々あります。ではツリーに使う飾りにはどのような物があるのでしょうか。
まずイルミネーション用のライトですが、今ではLEDライトを使った物が殆どで電気代の節約にもなっています。カラーの種類もあるのでその場の雰囲気に合わせてライトを決められます。またキャンディケーンと呼ばれる杖もクリスマスらしい飾りで良いです。白と赤が交互に交わった杖ですが柊の葉がついている場合もあります。ベルもクリスマスツリーには定番の飾りで輝きが出て良いです。キリストの誕生を知らせる為に、祝福する為に鳴ったベルがモチーフでツリーに使用されています。
他にもリンゴや靴下、プレゼントボックスや松ぼっくり等多くの種類があります。飾りを探す場合インターネットで調べれば様々なデザインの飾りを知る事ができます。飾り用のサンタクロースや雪だるまならデザインや色合いの違う物を多く見つける事ができ、自分の気に入った物を購入する事ができます。昨年使ったツリーの飾りがある場合はそれを使用しても良いのですが、新しい飾りを使用してクリスマスを楽しむのも良いので試してみてはいかがでしょうか。